最新News

【イヴ・ガーデン 自社ブランド】jibun-fuku/じぶん服

イヴ・ガーデン オリジナル
【jibun-fuku/じぶん服】

ワクワクして楽しくなる服、
〈jibun-fuku/じぶん服〉を

多くの方々に着用を実感し
ていただくためのプロジ

クトサイト【Makuake】。

 


jibun-fuku/じぶん服
を多くの方々に着用を実感していただくためのプロジェクトサイト【Makuake】
のクラウドファンディングに【1着でストールやスカート、ワンピースやポンチョ、幾通りにもなる表
現無限大の服】を限定価格にて販売しています。

jibun-fukuを通して、多くの方々と出合い皆様と共に夢を実現すること、
それが私達の想いです。是非、下記よりご覧ください。

▼Jibun-fuku新プロジェクト【Makuake】
期間2017年2月2日〜4月28日まで

http://www.makuake.com/project/jibun-fuku/


”一人ひとりに似合う服”を1着からつくれたらどんなに喜ばれるだろうとの思いから、服づくりをゼロから立ち上げました。
カラースクールの専門性を生かし、色彩の美しさを柄や模様に表現し、自社で布地にプリント、縫製まで一貫して行っています。
日本の四季には、私たちに無限の美しさと豊かさ、そして喜びを与える力が宿っています。

“色”には人を変える力がある。
その感動を、ぜひ身にまとって実感していただけたら嬉しく思います。
イヴ・ガーデン 楢崎悦子


最新記事

【jibun-fuku】今の自分に似合う色が服になる

「自分に似合う色の服があったら最高だね」とカラースクールのレッスンで10年以上前から皆さんとお話していたこと、初の!!似合う色で服がつくれるレッスンが登場しました。
左のトップスは、”私(楢崎)の似合う色布”を服にしています。
パーソナルカラー分析(似合う色)の手法を使って、200色の色布を胸にあて”今の自分に似合う色”を選定。
次に、その色布を洋服の柄へとデザインしていきます。
色布から”今の自分に似合う”柄のデザインが誕生しました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は出来上がった服です。
すてきです!!

…………………………

「今の自分に似合う色」

顔映りや目鼻立ち、骨格からみると人それぞれに似合う色は必ずあります。
それらの色を身に着けると、本当に皆さん綺麗になります。

一方で、人は日々変化しているので”似合う色はもちろん変化”します。
それならば、すべての色が着れるようになったほうが嬉しくないでしょうか。

顔映りや目鼻立ちから見ることを超え、人それぞれの内側の輝きも含め、”観る”こと
それらを総合してアドバイスすることが私達が行っているカラーの仕事です。

今回のレッスンでは、似合う色を超える体験から今の自分に合う色をデザインし、世界に1着の服をつくりました。
自分でデザインした服を身に纏い、どんな変化や発見があるでしょうか。


【jibun-fuku】1着で自在な着こなしmovie

1着でスカートやワンピース、ストールにもなる無限大の服

その着こなしのバリエーションを一部動画でご紹介。

アイテムは5種類の柄から選べます →http://jibun-fuku

イヴ・ガーデンのオリジナルブランドjibun-fuku/じぶん服

 


【セレクトショップ】4/15(土)&16(日)開催

コーディネートから新たな自分を見つけるイヴ・ガーデンの【セレクトショップ】を4 月に開催します。

イヴ・ガーデンのオリジナルブランドjibun-fukuに新作が加わり、よりコーディネートの幅が広がります。

このページで紹介しているアイテムはとびきり個性的なアイテムです。
「jibun-fukuってこんな感じ」というイメージを払しょく、いつだって新しく。

お久しぶりの方も気軽に新しい気分をみつけにおでかけください。

——————
4/15( 土)11:00~13:00
4/15( 土)13:30~15:30
4/15( 土)16:00~18:00
4/16( 日)10:00~12:30
——————-
定員: 各回8 名
【セレクトショップ】とは・・・
ベーシック5回講座を受講された方を対象に、洋服でコーディネートする学びの機会です。

 


【jibun-fuku】スペシャルjibun-fuku

jibun-fukuの限定アイテム、新作をご覧ください。
ストール、ファー付きストール、スカート、バッグ、春の装いに大活躍しそうです。


【イヴ・ガーデン コスメ】5~10歳若く見えるファンデーションの付け方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【5~10歳若く見えるファンデーションの付け方】

ファンデーションの分量で、5〜10歳若くなるのは夢じゃない。

ファンデーションのつける量を顔の部位により変えてみます。
一番厚く塗ってよいのは、三角地帯。
その場所は、頬骨が一番高くでているところです。

シワができない部位なので2度塗りします。
シワがある部位に厚く塗ると老けた印象になるので避けたいところです。
その他の部位は薄く塗ります。

さらに、チークも同様に三角地帯へのせるとさらに若々しく、福顔になります。
小顔効果もあるのでぜひお試しください。

ファンデーションを塗るとなぜか厚ぼったい気がする、白っぽいなと感じる場合も、シワのない三角地帯がポイントです。

2017 Spring連載 メイクアップ
<1>メイクのポイントはベースメイク