【イヴ・ガーデン】受講生が作成したワンピース作品

 

イヴ・ガーデンの【ガーメントプロフェッショナル講座】で制作した作品です。

色の専門スクールならではの「」に特化したを服づくりを展開する講座です。

当校の講座で「色」を専門的に学んできた受講生たちが、学んだことを実現する一つとして洋服づくりが始まりました。

作品には、授業で創作した色柄がワンピースに表現されています。

指導した当校の楢崎悦子先生は「制作にあたり、大事にしたのは“色と形”です。
色と形の融合から“柄”がうまれます。
それは自然界と密に関わっています」と話します。

※詳しくは楢崎悦子共著【新しい「色」の教科書】(新紀元社刊)をお読みください。

 

柄をみていると、絵をみているような感覚になりませんか。
柄には奥行きや上下の流れがあり、空間が広がり、躍動感が服に表現されているからです。

 

工程は手順でなく「予想を超えること」

ワンピースの模様となった【色柄】は、多くの試みから創作されています。
その色柄にあった生地を選び、プリントし、プレス (色柄を生地に定着させる)を行い、1着ずつ受講生による手作業です。

これらの工程は作業ではなく、どの段階においても「予想を超えること」を課題に取り組んでいます。
決まった手順の中にある偶発性をいかに引き出せるか、それでありながら標準化した品質を維持することに努めています。

そして、縫製。
縫製の部分は、プロのお力を借りています。デザインと縫製のキャリアを積み、なお発展されている得難いプロにお願いしています。

縫製した1着に、その方がアイロンをあてる場面に立ち会いました。
すると<服が光る>瞬間を目の当たりにしたのです。

「柄が楽しい」とおっしゃって、イヴ・ガーデンの縫製を担当してくださっています。何と有り難いことでしょう。

受講生が制作した色柄から縫製に至るまで、すべて「予想を超える」プロセスです。

購入いただいくお客様は「元気になる服ですね」とおそろいのキーワードをくださいます。
着る人がじぶんらしくなる服、元気になる服づくりをめざし、9月にパリで開催するファッションショーや展示会へと邁進します。