【jibun-fuku】5/6 (日) New event !! に向けた舞台裏

jibun-fuku partnersの5人が5/6(日)イヴ・ガーデンにて新作コレクションを発表します。
今回は、創作の舞台裏をレポート。

【1】デザインした模様を生地へプリント

前身頃をプリントして色の出方や生地との調和を確かめます。
デザインした模様をもっとステキにするには、日本の四季の色みやカタチを融合させる「パーソナルカラー理論」を用います。
すると、人が輝く服が完成します!
今回は生地でそれらを補いました。
後身頃やバインダーはどんな生地にしたら素敵になるかしら??

【2】デザイン修正
iPadを使って、模様のデザイン修正や色みを変更していきます。

 

【3】プリンター出力
型紙データに模様を配置し、大きなプリンターで出力。
洋服の型紙がそのまま実寸で出力されます。
これらの操作を覚えるのも以前は大変でしたが、今は自分たちでやれるようになりました。

【4】生地の裁断
プリントしたものは紙に出力されるので、プレス(プリントを生地へ印刷)をするために紙をハサミでカットします。
しかも、ワンピースを1枚作るには2メートルもの長さをジョキジョキとカットしていきます!!
前身頃や後身頃、襟や袖など、1種類の布地ではありません。
布地もそれぞれハサミでカットしていきます。
工程は複雑そうに見えますが、この時にこれまで学び、経験&体験してきた立体的な視点やイメージ力が発揮されます。

【5】プレス
やっと、じぶんたちが手をかける最後の工程、プレス(生地へ印刷)です。
どんな出来上がりになるでしょう。
プレスした後に紙をめくる瞬間、どんな色が表れるかいつも嬉しくワクワクします。
200°の熱処理をするので色落ちしないお洋服ができます。
ただ、プレスする時は冬でも汗がダラダラ、もっと暑い夏は・・いつも体力勝負です。

布地の選定によって、プリントした色の出方も変わり、縫製後の仕上がりが全く違います。
洋服のコーディネートのように、すべての工程の組み合わせからどんな作品にも変幻自由です。
じぶんたちの手を経てプロによる縫製で完成するまで、毎回どんな作品になるかがわからないんです。
これがいつも楽しみです。

皆さんに着ていただくことで喜びはさらに100倍。
そして、着た人とその服がマッチする瞬間は、人も服も光ります♬
5/6(日)の「ファッションショー&セレクトショップ」は、”皆さんと共に創造する場をつくりたい”という想い、服をつくる仲間をもっと増やしたい…。
そんなたくさんの想いから5名のjibun-fuku partnersが企画しました。
この5名はあらゆる点で現在、新たな挑戦に向かっています。
どうぞ皆様、ご友人などもお誘いの上、お越しくださると嬉しく思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
evegarden(イヴ・ガーデン)

106-0045
東京都港区麻布十番1-4-7麻布マスターズ3F
tel 03-3505-5781 fax 03-3505-5782
=======================
jibun-fuku http://jibun-fuku.jp/
jibun-fuku DOG http://dog.jibun-fuku.jp/
スクールサイト http://www.evegarden.jp/
コスメサイト http://www.evegarden.com/
=======================

Facebook http://www.facebook.com/evegarden.color
Twitter https://twitter.com/evegarden
Instagram https://www.instagram.com/jibunfuku/